HIPHOPに詳しくなりたい人におすすめする5つの方法

HIPHOPに詳しくなりたい人におすすめする5つの方法
 

US産HIPHOP、最初は何から聴けば良いのか分からない

2018年の初め、アメリカで「1年間で最も消費された音楽ジャンルは”HipHop/R&B” であった」という調査データが発表され話題になりました。これは言い換えれば「全米中で最も人気のある音楽ジャンルになった」ということで、同ジャンルにとっては史上初めてこと。この流れは日本にも飛び火するかと思われたのですが、日本では自国内でのラップブームが起こったタイミングでもあり、本場のHipHopに初めて興味を持つような人々は思った程多くないように感じられます。

音楽市場の調査データ参照: https://www.nielsen.com/us/en/insights/reports/2018/2017-music-us-year-end-report.html


それでも、「アメリカのHipHopに興味があるが、何から手を付けたら良いのか分からない」「周りは日本語ラップが好きな人ばかりで、情報を共有できる仲間がいない」というような迷える初心者の人々は一定数存在するはずです。ここではそのような人がHipHopに詳しくなれるちょっとマニアックでおすすめの方法を、筆者の実体験を元におすすめ順に紹介していきます。

初心者が本場アメリカのHipHopに詳しくなれるおすすめの方法TOP5

1位 コンピCD「What’s Up HipHop」シリーズを集めよう

ユニバーサルより発売されているHipHop/R&Bのヒット曲を集めたコンピレーションCD「What’s Up HipHop Greatest Hits」シリーズを集める方法です。2枚組みというボリュームで著名なアーティストの人気曲を一度に知ることが出来ます。HipHopは年代や地域によって「これだけは知っておきたい名曲」「クラシック」と言えるような楽曲がたくさんありますが、それらが初心者向けに程良いバランスで選曲されているのがポイント。

またブックレットには各曲の簡単な解説もされています。初心者の方はYoutube等で色々聴いてみても「誰がどうなのか分からない」といった状態に陥り易いので、この解説は重宝します。

同シリーズは2003年から2008年まで計6作発売されていますが、シリーズが進むにつれ単なる売れ線な曲が増えていく印象がありましたので、まずは1~3作目を聴いてみるのがおすすめです。”最新曲”と言える内容ではありませんが、未だに語り継がれる定番曲から抑えてみて欲しいと思います。



2位 レコードショップの通販サイトをチェック

YoutubeやSpotify等で楽曲そのものは無数にチェックすることが可能な時代ですが、アーティストや楽曲に関する情報が分からないとなかなかピンと来ませんよね。そこでおすすめなのが、HipHopのレコードを扱うショップの通販サイトで”ウィンドウショッピング”する方法です。

特におすすめなのはHipHop、ソウル、ファンクを専門に扱うレコードショップ。各レコードに「これはどこどこのラッパーで~、○○の元ネタをサンプリングしたフロア爆発の大ヒット曲!」等の説明が書かれていることが多いので、ここから知識を仕入れましょう。

サイト内で視聴も出来るショップならベストですが、商品名(曲名)をひたすらYoutubeで検索していけば楽曲と情報を同時に知ることができますよ。



3位 映画のサントラCDをゲットしよう

映画のサウンドトラックCDの中には、HipHop色が強い作品があります。こういったサントラは映画公開時に人気のあるラッパーや著名なラッパーが多数起用されることが多いため、HipHopのコンピレーションCDのような役割を果たしてくれます。いくつか例を挙げると、

・「8 Mile」・・・人気ラッパー、エミネム主演の映画「8Mile」のサントラで、彼のレーベル”Shady Records”所属のラッパーから外部のベテランラッパーまで多数参加。特に外部のラッパーは名前を知っておきたい存在ばかりです。

・「More Music From 8 Mile」・・・映画「8Mile」のもう1つのサントラで、こちらは劇中使用された楽曲を集めたもの。舞台である90年代中盤に流行ったコアなHipHopのみが収録されています。

・「ワイルド・スピード アイスブレイク」・・・お馴染みのカーアクション映画シリーズのサントラ。全シリーズHipHop色が濃い内容ではあるものの、本作では現在勢いのある新世代のラッパーが多数参加しています。

等がおすすめです。上記の3タイトルをじっくり聴きラッパーの名前を覚えていくだけで、著名なラッパーをかなりの人数知ることが出来ます。



4位 雑誌「bmr」を探せ

1969年から2011年まで発行されていた音楽雑誌「bmr」。「ブラックミュージックレビュー」の頭文字を取った誌名なだけあり国内では唯一と言って良い位、USのHipHop、R&B、Funk、Soulなどを専門に扱う雑誌でした。USラッパーのインタビューや、CDやレコードのレビュー、地域/年代/レーベル毎に掘り下げる特集企画など、知識のあるライターさん達によるマニアックな情報が満載で、当時のコアなHipHopファンにとっては参考書のような存在です。

2011年以降は完全にWebサイトのみの体制で運営を続けられているようですが、書籍時代の方が基礎から学べる内容が多い印象です。現在は古本屋などでしか入手することは出来ませんが、一冊でも読んでみることをおすすめします。


公式サイト: bmr



5位 HipHopを題材にした映画を観よう

こちらは楽曲そのものでは無いのですが、HipHopの世界観や取り巻く環境を視覚的に捉えるのにおすすめです。USのHipHopはラッパー達の身近な環境、経験を元にした歌詞も多いのですが、私達日本人にはイメージ出来ない部分も多いかも知れません。しかし、そういった点を多少でも(映画なのでフィクションが含まれていたとしても)掴むことが出来れば、HipHopの理解を深められます。

中でもおすすめなのは、サントラの項でも紹介した「8Mile」。この映画は主演であるエミネムの”半自伝映画”と言われていて、貧しい環境の中HipHopで成功するために主人公が奮闘する姿、アンダーグラウンドな雰囲気のクラブで行われるMCバトルなど、当時のHipHopを取り巻く環境が垣間見れるような内容になっています。



HIPHOPは単なる娯楽ではなく文化

「アメリカのHipHopに興味はあるけど、何から聴いたら良いか分からない」といった初心者の方向けに、おすすめの方法を紹介してきました。どれか一つでも取り入れてみると、知識が一気に深まるはずです。

そして最後に重要なことを一つ。HipHopが誕生~発展してきた背景には、人種的な問題や貧困などアメリカの社会が抱える問題が関連している部分があります。少し難しい話になってしまいますが、ただの娯楽ではなく、そのような背景を持った文化であるという認識を頭の片隅に置いておくと、一層理解が深まりますよ。